変態教団入信の入り口
カレンダー
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

19年に一度の「朔旦冬至(さくたんとうじ)」が訪れる!!

今年も、1ヶ月あまりで、今年もおわりますねww

今日は、冬至のお話でもしようかと思います。

2014年12月22日(月)が、冬至の日です。
かつて冬至は1年のはじまりだった

 誰でも知っていることですが、冬は昼間の時間が短く、夜が長いですよね。その逆になるのが夏。

 これは太陽の光が地上に差し込む角度が毎日少しずつ変わっていって、冬はその角度が低くなるから。真夏の太陽が頭上からさしてくることを想像してみれば、冬が逆に低いことも理解できますよね。そして1年のうち、昼間が最も短いのが冬至。新暦の12月22日か23日にあたります。

 < 冬は太陽の角度が低いから、私たちはもちろん木や建物なんかの地面にできる影の長さも長くなります。

 むかしむかしの「日時計」の時代は、地面に立てた棒の影を見ることで時間の経過や季節の変化を知りました。

影の長さは夏からどんどん長くなっていき、冬にはかなりの長さまで達します。こうして、その長さが一番遠くまで伸びる

日が「冬至」、一番短くなる日が「夏至」と定められました。日本に旧暦が伝わるはるか前、古代中国でのお話です。

これはこよみをつくる基準としても役立ちます。そこで一番影の長い冬至を1年のはじまりにしようということになりました。

冬至を境に、極限まで弱まった太陽のエネルギーがまるで復活するかのように、昼の長さが毎日どんどん
長くなっていくからです。

朔旦冬至は冬至と新月が重なる日 
さて、こよみをつくっていく過程では、今度は太陽より月の満ち欠けが重視されます。29.5日周期で満ち欠けを繰り返す

月のサイクルは、「こよみ」というものがかたちづくられるずっと以前の太古の時代より人類の暮らしに根づいており、

毎日の日の出日の入りに次ぐ生活サイクルの単位として存在していました。

 月の満ち欠けのなかで冬至に相当するのは新月といえるでしょう。月は満月をへてどんどん欠けていき、

やがて空から姿を消してしまいますが、新月でまた再び復活して毎日少しずつ満ちていくからです。

 このような太陽が復活するおめでたい日と月が復活するおめでたい日がダブルで重なるのが

「朔旦冬至(さくたんとうじ)」なんです。「朔」は新月の意味、「旦」は朝や夜明け、つまり太陽が昇ってくるときという意味。

 ところが新月から新月までの月の満ち欠けひとめぐりのサイクルは29.5日(正確には29.530589日)なのに対して、

冬至から冬至までのサイクルは365日(正確には365.24219日)と異なるため、両者が重なることは非常に少なく、
19年に一度しかありません。

 それだけに「朔旦冬至」はめったに訪れることのない大変おめでたい日とされ、宮中などでも宴がもよおされていたといいます。

 そんな希少な「朔旦冬至」が訪れるのが2014年なんですね! 冬至はかつて1年のはじまりでしたが、
その後の紆余曲折をへて、いまでは旧暦の11月にあります。ですから「朔旦冬至」は旧暦11月1日と冬至が重なる日と
いうことになるんですね。

 これが「朔旦冬至」。なんだかワクワクしちゃいませんか? 変態になりたくなってきませんか?

冬至の日は何をする? その1 ゆず湯

今、冬至というとまず「ゆず湯に入る」ですね。

「ゆず湯に入る」は江戸時代初期の銭湯から始まったようです。

「冬至」とお湯で療養する「湯治(とうじ)」を語呂合わせしたとも言われますし、ゆずは「融通」にかけたと言われます。

「湯治した体は融通が利く」とか。

江戸の人たちはなかなか洒落っ気がありますね♪

ゆずの果汁に含まれる成分は、体を温めますし、香りは神経をリラックスさせるので、普段されない方もぜひ試していただきたいものです。

ただし肌の弱い人は刺激が強過ぎることがあるので要注意。ちくちくするようなことがないように、あまり果汁を流さないよう、袋に入れるなどして入りましょう。

冬至の日は何をする? その2 食べ物
「かぼちゃを食べる」は今もかなり定着しています。

「冬至にかぼちゃを食べると中気(中風)にならない」とよく言いますね。これは煮物にして食べるところが多いようです。

また冬至に「ん」のつくものを食べると「運」を呼び込む、ということで、なんきん、れんこん、ぎんなん、うどん などを食べる地域もあります。

ちなみに、あと、かんてん、きんかん、にんじん を入れて「冬至の七種(ななくさ)」と言うところもあります。ちょっと面白いですね。

また「冬至に小豆がゆを食べると疫病にならない」という風習も一部に残っています。

冬至といえば、「ゆず湯」「かぼちゃ」「昼がいちばん短い」くらいしか普段は思いませんが、ちょっと調べるといろんなことがあって面白いですね。

今年は特に特別な冬至でもあります。年末の忙しい時期ですが、だからこそ、一日くらい伝統の行事を楽しんでみるのはいかがでしょうか。

長々と、すみませんでしたww

スポンサーサイト
プロフィール

勝義

Author:勝義
キャラ名: 勝義

性別: 変態

ワールド: EOS鯖で活動中
 
国籍: オスマン帝国

商会: セビリア所属 FIFA商会 

得意スキル 亀甲縛り・寝落ち・電マプレイ

得意科目  大海戦 変態活動 

レベル: 冒険80交易80軍人85

 著作権(1) 「『大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。」または、「(C)2005-2012 コーエーテクモゲームス All rights reserved.」 (2) 「このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。」
 

BBQ
QR
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
2860位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大航海時代オンライン
142位
アクセスランキングを見る>>
変態教団入信者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。